日記

悲しいお別れを

先日ブログで紹介したりりちゃん。

あの日月曜日の夜サナエさんから倒れたと連絡が入り急いでサナエさん宅に行きました。横になりながらも話かけると涙を流して応えてくれました。

そして火曜日の朝お別れの連絡が入り。。。小さな体で一生懸命毎日生きていました。

実家でも嫁ぎ先でもみんなに愛されたりりちゃん。

最後に園服着せて行っていいかなとサナエちゃんから言われお気に入りの園服を着て行ってもらいました。

先月もうダメかもとお医者さんからも言われてましたがそれよりも長く生きていました。頑張ったね。

水曜日サナエちゃんが出張だから午後から付き添いに行く予定で、水曜日また一緒にいようねって、、話したのが最後でした。

サナエちゃんの愛犬ですが、本当に長く一緒に過ごし家族同然のりりでした。

お散歩もよく行って私よりぐんぐん先に行ってついてきてよ~とたまに後ろ振り替えって確認されてました。

今は悲しくて寂しくてですが、いっぱい泣くのもお見送りと言われたのでいっぱい泣いてます。

いつもいつも幸せな時間を本当にありがとう。

痛みから解放されて、足も元気な姿で走り回ってるよね。りり大好きだよ。